マンションを貸したい!その注意点とは

築16年の駅近マンションを賃貸に出した経験談

自分が住んでいるマンションを貸したい場合には、色々とすることがあります。
私の場合も自分の所有するマンションの1室を諸事情により貸すことになりました。
その体験談を紹介します。
自分の場合には築年数は約16年程経過したマンションです。
16年経過していても外観は美しく遜色ありません。
エレベータ付きの物件で特急停車駅からも徒歩6分程度なので、決して立地も悪くありません。
もしも貸すのであれば12から13万円程で賃貸できるだろうと思っていました。
内装は水回りのみを交換することで決着しました。
3LDKのファミリータイプで、家族層むけに賃貸できるという思惑もあります。

リフォーム等が無事に終わり、ついに賃貸に出すことになりました。
自分は普段は仕事をしているために、マンションの管理は管理会社にお願いすることになりました。
マンションの区分所有の1室程度の管理であれば、自主管理という方法もあります。
しかし仕事を持っているために、突発的な入居者からの電話等に対応できる自信がありませんでした。
その為に管理を管理会社にお願いすることにしたのです。
管理会社を利用した場合には、家賃収入の約5パーセントを管理費用として支払うことが多いです。
この金額が大きいか小さいかは、人によって感じ方は違うでしょう。

築16年の駅近マンションを賃貸に出した経験談入居者もすぐ決まり管理は管理会社に任せる賃貸に出す場合手残りの金額を事前にシミュレーションすべき