マンションを貸したい!その注意点とは

賃貸に出す場合手残りの金額を事前にシミュレーションすべき

築16年の駅近マンションを賃貸に出した経験談入居者もすぐ決まり管理は管理会社に任せる賃貸に出す場合手残りの金額を事前にシミュレーションすべき

前述のとおり、管理費に約5パーセントかかり、他にも修繕積立金や固定資産税、保険料などもかかるために、手残りは70パーセント位と考えておいた方が良いかもしれません。
そのパーセンテージは物件により異なります。
もし貸しに出す場合には、手残りの金額を事前に、シュミレーションしておいた方が良いでしょう。
もしもローンがまだ残っている場合であると、さらに手残りの金額が減ることは言うまでもありません。
そしてたとえ1室程度の賃貸であっても、大家になるという自覚を持つことが大切ではないでしょうか。

あと8-9月の間、早稲田のマンションを貸したいので、夏休み期間、早稲田でひとり暮らししたい方いれば教えてください。
1ヶ月とか短期間でも。

— momo (@_greygentlemen) 2019年5月16日
これは不動産賃貸業という立派な「事業」であり、大家は入居者に快適に安心して住んでもらうように努力するべきだと実感しています。
その為には、入居者の要望には出来る限りこたえたいと思っています。
今のところ特にクレーム等はありません。
もしそのような事が合っても管理会社に連絡がいくために、大家である私に直接電話等が来るわけではないのが安心できるところでもあります。
私の体験談はこのような感じです。